人事部より

人事ポリシー

「人を支える人」を支えたい。介護事業は人が人を支える仕事です。ですから当社の競争力の源泉は、まさに社員そのものと考えています。安心で温かい介護を、永続的事業として深化・継続していくために、社員の処遇や働き方についての会社の考え方を人事ポリシーに掲げます。ヘルスケアリンクの人事制度は、すべて以下の人事ポリシーに基づきます。


地域社会の介護・看護を支え貢献するため、質の高い人材の確保と育成を目指す。

当社は、介護・医療の専門職集団として、地域社会から必要とされる存在を目指します。質の高い介護を実践するため、質の高い人材の確保と育成を最重要課題として取り組みます。向上心のある方を歓迎します。


社員の行動と成果を公正に評価・処遇し、働き甲斐のある職場を作る。

当社は、社員の行動と成果の対価として給料を支払います。半期に1度、具体的な評価項目について人事考課を実施し、昇給・昇格・賞与に反映させます。働き甲斐のある会社を目指します。


社員が安心して働き続けられるように働き方をバックアックする。

常勤とパートの垣根を低くし、柔軟な勤務を可能とします。子供が小さいうちはパートで、成長に従い勤務時間を増やして常勤へ、あるいは親の介護のため時短勤務に。社員個人のライフイベントに沿った働き方を支援します。